Windows Server 2003 にて Microsoft Update が無限ループする場合の対処

大昔に構築してWindows UpdateをあまりしてこなかったWindows Server 2003環境で、久しぶりにアップデート作業を行おうとしたところ、URLの末尾に「&muopt=1」が追加され続けるだけで一向に終わらない現象に遭遇しました。

http://update.microsoft.com/microsoftupdate/v6/default.aspx?ln=ja&muopt=1&muopt=1&muopt=1&muopt=1
Windows_Server_2003_Microsoft_Update_1

調べてみるとWindows Update Agentを最新にすればよいとあったので「WindowsUpdateAgent30-x86.exe」をダウンロードしてインストールしようとするも、「Windows Update エージェントは既にインストール済みのため、インストールは必要ありません。」と表示されて実行できませんでした。

調べてみると、対処法はいろいろあるようですが、次のやり方が一番楽なようです。
Windows Update のコンポーネントをリセットする方法
http://support.microsoft.com/kb/971058

具体的には、下記をコマンドプロンプトで実行すればよいようです。
net stop wuauserv
net stop cryptsvc
Del "%ALLUSERSPROFILE%\Application Data\Microsoft\Network\Downloader\qmgr*.dat"
Ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak
Ren %systemroot%\system32\catroot2 catroot2.bak
net start wuauserv
net start cryptsvc

Windows_Server_2003_Microsoft_Update_2
その後Internet ExplorerやリンクからWindows Update/Microsoft Updateを起動。するとWindows Updateのみになっているようなので、Windows Update Agentを導入後にMicrosoft Updateへ切り替え。再度、更新プログラムの検出を行えばMicrosoft Updateを無事行うことができました。

Windows_Server_2003_Microsoft_Update_3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください