Outlookの[RSSフィード]など使用しない不要な項目を非表示にする

Microsoft 365などOfficeをインストールすると一緒にインストールOutlookを使うことは多いと思いますが、起動して目にする項目で使わないものも多いと思います。
Outlookの使わない項目は非表示(削除)できるので、それで見た目をすっきりさせることができます。

まずOutlookを起動したら、キーワード [Alt] + [F11] の2つを同時に押します。

そうすると「Microsoft Visual Basic for Applicarions」というものが起動して表示されます。
左ペインの[Project 1]を右クリックして、[挿入]=>[標準モジュール]を押します。

表示された[Project 1 – Module 1]に下記の内容を貼り付けます。

Option Explicit

Public Sub HideFolders()

Dim oFolder As Outlook.Folder
Dim oPA As Outlook.PropertyAccessor
Dim PropName, Value, FolderType As String

PropName = "http://schemas.microsoft.com/mapi/proptag/0x10F4000B"
Value = %bool型%

Set oFolder = Session.GetDefaultFolder(%oldefaultfolders名前%)
Set oPA = oFolder.PropertyAccessor

oPA.SetProperty PropName, Value

Set oFolder = Nothing
Set oPA = Nothing
End Sub

%bool型% となっているところは下記の内容で置き換えます。
具体的には、非表示にする場合は
 Value = %bool型%

 Value = True
に書き換えます。

名前説明
False表示
True非表示

%oldefaultfolders名前% となっているところは下記の内容で置き換えます。
具体的に、RSSフィードを操作する場合は
 Set oFolder = Session.GetDefaultFolder(%oldefaultfolders名前%)

 Set oFolder = Session.GetDefaultFolder(olFolderRssFeeds)
に書き換えます。

名前説明
olFolderCalendar9予定表
olFolderConflicts19競合フォルダー (同期の失敗フォルダーのサブフォルダー)。 Exchange アカウントの場合のみ。
olFolderContacts10連絡先
olFolderDeletedItems3削除済みアイテム
olFolderDrafts16下書き
olFolderInbox6受信トレイ
olFolderJournal11履歴
olFolderJunk23迷惑メール
olFolderLocalFailures21ローカルの失敗フォルダー (同期の失敗フォルダーのサブフォルダー)。 Exchange アカウントの場合のみ。
olFolderManagedEmail29管理対象のフォルダー グループの最上位フォルダー。 Exchange アカウントの場合のみ。
olFolderNotes12メモ
olFolderOutbox4送信トレイ
olFolderSentMail5送信済みアイテム
olFolderServerFailures22サーバーの失敗フォルダー (同期の失敗フォルダーのサブフォルダー)。 Exchange アカウントの場合のみ。
olFolderSuggestedContacts30連絡先候補
olFolderSyncIssues20同期の失敗フォルダー。 Exchange アカウントの場合のみ。
olFolderTasks13タスク
olFolderToDo28To Do
olPublicFoldersAllPublicFolders18Exchange パブリック フォルダー ストア内の All Public Folders フォルダー。 Exchange アカウントの場合のみ。
olFolderRssFeeds25RSS フィード

2か所の置き換えが完了したら、上の再生ボタン ▲ を押します。

そうするとOutlookの表示がなくなりすっきりします。

ただこの設定はPCにインストールされたOutlookに対して行うため、例えばExchange Serverで使えるWebクライアント Outlook on the web(OWA)などでは表示されてしまいます。
それでも、多少はカスタマイズして便利に使っていきたいものですね。

ちなみに、Outlookのオプション値は下記を参考にしました。
OlDefaultFolders enumeration (Outlook) | Microsoft Docs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください