Windows Server 2012のRDライセンスマネージャーに表示されるデバイスCAL発行先をエクスポートする

Windows Server 2003ではターミナルサーバーライセンスのPer-Device Client Access Licenseを、Windows Server 2000のリリースキットに収録されてあるLsreport.exeにて実行できました。
そのため同じように、Windows Server 2012に対してLsreport.exeを使用しようとするとエラーが表示され実行できません。
Windows Server 2008まではLsreport.exeが使用できていたので、どうやらそこまでが限界のようです。

リモートデスクトップライセンスマネージャで表示されているのを目コピーしてもよいのですがとてもメンドくさくて、画像ファイルにすると検索ができずにサイズが大きくなります。

それならば他に方法がないかと調べてみると、リモートデスクトップのAPIが公開されていたのでこれを使ってみたらよいかなと実験してみました。
・Remote Desktop Services API
https://technet.microsoft.com/ja-jp/aa383464
Win32_TSIssuedLicenseに様々なクラスがあり、それを呼び出せば普通に値が取得できるようです。

まずはライセンスの種類を取得するため、TSLicenseKeyPackを呼び出して値を記録します。
・Win32_TSLicenseKeyPack class
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa383803.aspx
var KeyPackScope = new ManagementScope(@"\\" + System.Net.Dns.GetHostName() + @"\root\cimv2:Win32_TSIssuedLicense");
ObjectQuery KeyPackQuery = new ObjectQuery("Select * from Win32_TSLicenseKeyPack");
ManagementObjectSearcher KeyPackSearcher = new ManagementObjectSearcher(KeyPackScope, KeyPackQuery);
ManagementObjectCollection KeyPackCollection = KeyPackSearcher.Get();

そのあと、TSIssuedLicenseを呼び出してライセンスの一覧を取得し、ライセンスの種類は先ほど取得したものと置き換えます。
・Win32_TSIssuedLicense class
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa383802.aspx
var IssuedLicenseScope = new ManagementScope(@"\\" + System.Net.Dns.GetHostName() + @"\root\cimv2:Win32_TSIssuedLicense");
ObjectQuery IssuedLicenseQuery = new ObjectQuery("Select * from Win32_TSIssuedLicense");
ManagementObjectSearcher IssuedLicenseSearcher = new ManagementObjectSearcher(IssuedLicenseScope, IssuedLicenseQuery);
ManagementObjectCollection IssuedLicenseCollection = IssuedLicenseSearcher.Get();

あとは取得したデータを好きにConsole.WriteLineで出力すれば、リリースキットのLsreport.exeと同じようなものが作れました。
一応、サンプルを置いておきます。エラー処理はほとんどしていないので、実際に使うときはもう少しtry/catchを入れたほうがよさそうです。

実行ファイル:LSReport_bin
ソースコード:LSReport_prj

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ